Copyright © 2018 Spring river field,Inc. All Rights Reserved.

2020,2,1

展示会訪問のため、イタリア・ミラノへ行ってきました。展示会はもとより、ミラノの街のセレクトショップもおしゃれな雑貨で溢れていました。中でもヴォーグ誌編集長が立ち上げた「ディッチ・コルソ・コモ」は店内の装飾、オブジェ、商品も全てがハイセンス。1Fがお洋服やバッグ、傘、ディフューザーなどの生活雑貨。2Fが書籍や絵とアート展。屋上テラスも外のヨーロッパの建物に囲まれた景色と相まってとても素敵な心地良い場所でした。こういう場所で陳列されていると、少々高いものでも迷わず購入しちゃいますね!

​屋上テラスをパノラマで撮影。

2019,10,6

東急ハンズ銀座店にて、「日本手帖の会」主催の「手帳100冊!書き比べ総選挙を覗いてきました!手帳の使い方って人それぞれ、同じ人間でもその時のポジション、取り巻く環境(特に女性は!)に左右され、まさに千差万別。ダイアリー印刷ともなると年明け後は購入機会がどんどん減り、メーカー側にとってはとてもリスキーな商品だなぁと思います。とはいえ、自分にピッタリの手帳に出会えた時は喜びもひとしお。メーカー側もあらゆる創意工夫をされいるのが分かります。プロジェクト用にダイアリー部分が上部分、下半分がノート、暦区切りではなく月の周期(新月・満月)区切りのもの、スケジュール通りに動くのが苦手な人のための学校の時間割のようなユニークなレイアウトのもの。色んな手帳(ダイアリー)がありました。

でも結局自分が票を入れたのは、普段から使っているモレスキン、産能大学のごく普通のダイアリーでした。個人的には、スケジュールはスマホ管理なので、ダイアリー部分で紙面を使いすぎるのは勿体ない気がしています。紙面はスケジュール管理よりも、気づきやメモ、商談用のノート部分に使いたい派です。本当に人それぞれですね。

「書き比べ総選挙」は、全国各地で開催されています。一気に色んな手帳が見られます。

ご興味あれば覗いてみて下さい。

https://getnavi.jp/stationery/313898/

2019,7,12

デザイナーのナタリーは小説を書いたり、絵を描いたりするのが大好き。「ルイーズカルメン 」というブランド名は彼女が家族で一年間アジアへの旅をした時に執筆していた小説の主人公の名前です。どんな時にも自分を失わず常に夢に向かって突き進んでいるルイーズ。日々の出来事が目まぐるしく過ぎ去っていく情報過多の現代社会だからこそ、その時感じたこと、気づいたことなど書き留める行動は大切にしたいものです。ルイーズカルメンのノートには、多くの人々に、自分の感性を大事にいつまでも輝いて欲しいという願いが込められています。

パリのボン・マルシェを訪れた際に、ナタリー直筆のルイーズカルメン ノートを見せて貰いました。撮影でモロッコ・マラケシュを​訪れた時。背景の細かいコメントとアンモナイトの様なイラストが素敵。

​お見事。ファッショナブル!!な一枚。カッコ良い〜。コラージュの周りをサインペンで縁取り。厚みのあるルイーズカルメン ノートだからこそ自由なデザインが可能なのです。良く見るとこれも背景が本当に細かい。

​本当に微笑ましい仲の良いご夫婦です。日本では、見かけない光景ですね。日本でも此の位が普通になれば熟年離婚も減少するのではないか、と思います。美しい娘さんも登場しています。写真もワンタッチでプリント出来る小さなプリンターを使い熟しています。

​東京を訪れた時。外国人から見た東京のイメージでしょうか。可愛くて面白いですね。原宿、渋谷という文字があります。確かに原宿っぽいです。ルイーズカルメン のノートは紙質が厚く、どんな筆記用具でも存分に楽しめます。サインペンや絵の具、ノリ、テープ、色んな筆記用具が入っているナタリーのペンケースはとても大きいです。

 

​タイ・バンコクを訪れた時。背景のゴールドが混じった様なレッドが美しくエキゾチック。絵の具かな。縁取りは黒のマスキングテープか紙を貼り付けています。他にも沢山の作品がありましたが、撮りきれませんでした。次回にでも。

 

2019,7,12

6月中旬にフランスへ行ってきました。

​初夏のフランス、一年で一番素敵な季節のはず。。でしたが、異常気象なのか、物凄く寒くて、冬物コートやダウンを来ているフランス人もチラホラという中、Gジャンで乗り切りました。ロワール地方からブルゴーニュへ行き、それからパリへ入りました。パリでは、ボン・マルシェ百貨店の「LOUISE CARMEN PARIS」を訪れました。

​​新色のオレンジやイエローが気になります。ゴムの色も黒からカラーへチェンジ。カラフルで楽しいです。弊社でも木馬ショールームのゴム(メーカーも使用)を別売り販売しています。

​​皮革の堅いヴェジタブルタンニン シリーズは、経年変化が楽しめる。数年使用中のものを見せていただきました。(右写真・スマホだと上写真)皮革が良い感じにエイジングしています。色は少し濃くなり、艶が程好く出て柔らかい、何とも言えず素晴らしい質感!ヨーロピアンカウレザー×伝統を誇るバスク地方のタンナー。流石です。使い込む程に味が出ますね。箔押しのサービスもしています。

​​フランス郷土料理が味わえる店でランチミーティングをしました。ルイーズカルメン 創業者のお二人(仲の良いご夫婦)。右がナタリー(デザイナー)、左がフェビアン(セールスマネージャー)です。二人とも昨年会った時よりも少し痩せてスッキリしていました。牛肉 のタルタルステーキを食べました。日本では規制でもう食せないですね。とても美味しかったです。ありがとう。

2019,5,20

​【ルイーズカルメン販売ECサイトについて 】

各ECショップ様へ弊社よりルイーズカルメン商品を卸売販売をさせて頂いていますが、最近、参考小売価格よりも大分高い金額で販売している転売屋(弊社お取引先ではありません)が見受けられるようになりました。

LOUISE CARMEN PARIS 参考小売価格は以下になりますので、よく価格をご確認いただき、ご購入ください。

トラベルオーガナイザー  ¥17,800(税別)

ポケットオーガナイザー  ¥12,800(税別)

​ロードブック ヴェジタブルタンニン  ¥18,800(税別)

2019,3,11

LOUISE CARMENが皮革製品案内サイトBAGNUMBER様で紹介されました!

http://bagnumber.tokyo/?p=13677

【SPECIAL】フランスから届いた注目のステーショナリーブランド「LOUISE CARMEN(ルイーズ カルメン)」

【LOUISE CARMEN松屋銀座3FUNTITLED Salonにて販売中】

3/1-3/31​ までの期間限定販売です。

是非、この機会にお越しくださいませ!

そのしなやかさ、美しい色合いをお手に取ってご覧いただけます。

前田裕二氏も「メモの魔力」で語っています。「努力から習慣にするためには、まず持っているだけでテンションが上がったり、嬉しくなったりするノートやメモ帳を買うところから始めましょう。」

​まさに、ルイーズカルメン なのです。モレスキンノートにもサイズ適合しています。

2019,3,11

rooms EXPERIENCE38へご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

​ブース設置の多少のトラブルはございましたが、大事には至らず無事に終了しました。

バイヤー様だけでなく、一般のお客様もご購入いただきました。

どちらの商品も、販売店様を引き続き募集中です。個人オーナー様も大歓迎です。

お気軽にお問い合わせ下さい。

2019,2,15

来週、rooms EXPERIENCE38へ出展します。

2/20(wed)ー2/22(fri) 

会場:五反田TOCビル 13階

時間:10:00〜19:00 閉場(最終日のみ18:00閉場)

https://www.roomsroom.com/visitor/

一部、一般販売もいたします。

​ご来場をお待ちしております。

2019,2,9

ファッション・繊維業界の歴史ある新聞、繊研新聞にルイーズカルメンの記事が掲載されました。

繊研プラス

https://senken.co.jp/

2019,2,4

ファッション雑貨EXPOへLOUISE CARMEN PARIS、BAROCCO FIORENTINOの2ブランドを展示しました弊社ブースは、お陰様で大盛況でした。お立ち寄りいただいた皆様ありがとうございました。特に古代の香り、モナリザの香りが印象的だったようです。

バロッコ フィオレンティーノのイタリアのメーカーの担当者ルーカも1日目の夕方に来日し途中参加して3日の朝イタリアへと帰りました。眠そうでした。この後、ドイツ、フランクフルトにてアンビエンテという展示会へ出展するそうです。LOUISE CARMENも個人的に気に入って下さる方が多かったです。早く取り扱い店舗を拡大しなくては!と感じました。

2018,9

東京ギフトショーへお越しくださった皆様、ありがとうございました。

​デザイナーのナタリーとセールスマネージャーのフェビアンも1日のみ参加していました。とても仲睦まじいご夫婦でいつも一緒です。

​彼らは空いた時間で東京都内のショップをリサーチしていました。銀座、青山、渋谷、代官山10キロ以上歩きまわったそうです。オススメのショップカードを貰いました^ ^

もっともっとルイーズカルメンの魅力をお伝えしたい!